会社の売却をして、億単位の個人資産を築きませんか?

70%以上の経営者が知らない、M&Aの“本当のメリット”とは?

あなたの会社の株式価値を最大化するために

以下のフォームからカンタン10秒チェックをおこなってください。
簡易的な診断結果が表示され、その後複数の企業から買収の提案を受け取ることができます。

カンタン企業評価チェック

※あなたが代理人やM&Aアドバイザーの場合、上記にはあなた自身の情報を入力してください。

通常の会員登録をご希望の方はこちら

メールアドレスを入力してください。
正しいメールアドレスを入力してください。
パスワードを入力してください。
M&Aマーケットで会社を売却するメリット

ロゴマークM&Aマーケットで会社を売却するメリット

メリット1
圧倒的なスピードで個人資産の増加
メリット2
売却益で新たなビジネスのスタートや拡大が可能
メリット3
早期リタイアで投資家としての活動も
メリット4
たった10秒で日本全国の買い手に情報を送信!
メリット5
オークション形式で売却金額がグングン上がる

会社を売却して得た利益で、より大きなビジネスをスタートする経営者が増加中

10秒診断後、あなたの会社が特定できない状態で、興味を持たれた複数の企業から買収の提案を受け取ることができます。

※試しに買収の提案を受けてみてから考えてみても全く問題ありません。(返信は任意。情報の変更は後からでも可能。)

1分だけ!

「ライバルに圧倒的な差をつけて30倍のスピードであなたのビジネスを拡大する為に」
「稼ぎだけに注目してあなたの大切な時間を無駄にしない為に」
このページを読んでみてください。

この内容を知らずに
会社経営を続けるのは非常にマズいです!

質問です。
あなたが会社経営を行う目的は、

  • ビジネスの拡大をして、有名になる事でしょうか?
  • 人に喜ばれることをして、社会貢献をする事でしょうか?
  • とにかくお金を稼いで、資産家になることでしょうか?

この中のどの理由であっても、他に理由があってもそれは素晴らしいことだと思います。

あなたはおそらく、様々な能力が他人より優れていて、情熱や行動力、周りの人を引き付ける魅力があり、ビジネスや人生におけるいわゆる“成功者”であることでしょう。そんな成功者のあなたにとっては、この話は非常に重要であり、スグにでも実践した方が良い内容です。

ここでは、主に

  1. 本当に重要なあなたの“個人資産”をシンプルに稼ぐたった1つの方法
  2. ビジネスを圧倒的なスピードで拡大させる秘密

について触れていきたいと思います。

あなたの個人資産をカンタンに最大化し、
かつ圧倒的なスピードでビジネスを拡大させる、“唯一”の方法は・・・

会社の株式の売却、すなわち「M&AによるEXIT」です。

あなたのビジネスを大手企業に売却することで、数年~数十年かけて稼ぐ金額を、わずか1,2か月で手に入れてしまう事が可能なのです。年商1億円以上であれば、利益率にもよりますが数億円単位のキャピタルゲインを得ることが出来るでしょう。

この事実を、70%以上の起業家が知らずに会社を経営しています。非常に勿体ないことです。

それでは、M&Aによる株式の売却がどのようにあなたに冨・資産をもたらし、なぜビジネスの拡大において重要なのかを説明していきます。

M&Aは起業家のあなたの個人資産をカンタンに最大化することができる

1M&Aは起業家のあなたの個人資産をカンタンに最大化することができる

あなたは、『ビジネスでこんなに稼いでいる割にはなかなか個人の資産や内部留保が貯まらない』と思ったことはありませんか?多くの経営者が、ある罠にかかってしまっています。ここではそのカラクリについて説明していきます。

役員報酬2,000万円でも個人資産1億円を築くために30年以上かかってしまう理由とは?

あなたは売上3億円の会社を経営している100%オーナーです。あなたの役員報酬が2,000万円、税金を引く前の利益が3,000万円だと仮定します。年商が3億円で税引き前利益が10%なのは、かなりの優良企業です。

年収2,000万円のあなたが、個人資産1億円を貯めるのに、はたして何年かかるでしょうか?

5年経てば、2000万円×5年で、1億円貯まるでしょうか?
そんなわけないですよね。税金を払わなくてはいけないので、1億円全てが手元に残るわけはありません。

では10年経てば、2000万円×10年で2億円稼ぎ、1億円の税金を払って1億円が手元に残る。で良いでしょうか?
そんなわけはありません。税金以前に「生活費」が考慮されていません。

▼あなたの役員報酬

5年かかっても個人資産5,000万円?

それでは税金と生活費を考慮して考えてみましょう。

年収2,000万円のあなたが、税引き後年収1,000万円の中から、1年間300万円で生活できるでしょうか?皆から羨望のまなざしを受けているハイスペックなあなたにはおそらく無理でしょう。仮に1年に700万円を生活費として使った場合、1年間に300万円しか貯金できません。

そうすると、個人資産1億円を達成するまでには33年もかかってしまいます。

▼あなたの役員報酬

1億円貯めるまで33年もかかる

年商3億円の会社を経営しているあなたにしては、遅すぎると思いませんか?

仮に生活費が1年間500万円だとしても、1年間に500万円しか貯金できず、1億円達成までには20年もかかってしまいます。

M&Aで会社を売却すれば、この「33年かかってやっと稼ぐ1億円」を、わずか1,2か月で手に入れてしまう事が出来るのです。

約30年後の未来から、あなたはタイムスリップして来たのです。どんな成功者でも、30年という“時間”は最も貴重な財産です。

目標金額が5億円でも10億円でも、ロジックは同じです。

M&Aをすれば、33年分の時間をたった2か月に短縮できる!

もしあなたが「時間」の重要性に気づいている方であれば、まずは会社を売却(EXIT)することが絶対に賢い戦略です。
33年かかかって貯まる1億円を、一瞬で手に入れることが出来るのだから。

では、どうすれば1億円で会社を売ることが出来るのでしょうか?

あなたの会社の税引き前の利益が3,000万円であれば、通常は「実質利益の3年~5年分+純資産」で株式を売却して、「9,000万円~1億5,000万円+純資産額」のキャピタルゲインを得られるのです。
間を取って「1億2,000万円+純資産額1,000万円=1億3,000万円」で会社の株式を売却できたとします。

株式のキャピタルゲインは税金が20%なので、2,600万円の税金を払って、1億400万円があなたの手元に“個人資産として”残ります。

▼あなたの役員報酬

33年分の時間とお金を先取り

※今回モデルケースでの純資産額1,000万円は、少なく見積もっています。
※会社のお金は「個人資産」ではないので、「社長だから会社のお金も自由に使える」という考え方はここでは触れていません。仮にM&Aを行わずに個人の貯金と会社の内部留保を合わせて1億円を達成するのは5年程度ですが、それでも「5年を2か月に短縮できる」のは、時間の価値がわかる経営者であれば、M&Aの威力に気付いて頂けると思います。

また、一つの会社が33年続く確率は、果たして何%だと思いますか?全て踏まえた期待値で、考えてみてください。

スマホ・タブレットの場合、指で表組を横へスクロールできます。

会社生存率データベース
年数 存続率 100社あったら
何社残る?
1000社あったら
何社残る?
5年 14.8% 約14社 約148社
10年 6.3% 約6社 約63社
20年 0.4% ほぼ0社 約4社
30年 0.021% ほぼ0社 ほぼ0社
個人資産1億円の達成まで
会社の売却
会社の継続
かかる時間
1,2ヶ月
33年
成功率
成功率が高い
M&Aは売り手市場
0.021%
得られるメリット
33年分の時間とお金
?
あなたの年齢
30代〜50代
60代〜80代
支払う税金
20%
約50%

M&Aで会社を売却すれば、「時間短縮」や「価値の最大化」などのメリットを享受することが可能なのです。

このように税金や株式の仕組みなど、社会のルールはお金持ちや頭の良い人たちにとって都合の良いように作られています。
世の中の“本当に頭の良い人たち”は、M&Aなどを活用して稼ぎを最大化しているのです。
会社のオーナーが会社経営の中で資産家になるためのたった一つの方法は、M&Aしかないと言っても過言ではありません。

また会社売却後に多額の資産を得た後は、それを軍資金に普通は新たなビジネスや投資活動をスタートさせる経営者の方が数多くいます。このような活動をしている人たちのことを連続起業家(シリアルアントレプレナー)と言います。

圧倒的なスピードでビジネスを拡大させるためには、M&Aの活用が必要不可欠

2圧倒的なスピードでビジネスを拡大させるためには、M&Aの活用が必要不可欠

多くの経営者の方は会社の売却をした後も、手にした軍資金で新たなビジネスや投資活動を始めます。一度EXIT(会社の売却)に成功したあなたは、これまでよりさらに自信に満ち溢れ、新たなスタートにさらなる期待を抱いていることでしょう。
冨や資産を圧倒的なスピードで稼ぐ方法は、ビジネスの売買です。株式投資や不動産投資なども手段の一つですが、優れた経営手腕で『売れる会社』を作ったあなたは、エンジェル投資家や連続起業家として活躍する事を好みます。

新規事業をスタートさせたり、別の会社を買収したり、自分がエンジェル投資家としてスタートアップなどに出資して、また同じようにM&AやIPOなどで短期間で売却益を得るのです。現在ではWebサイトの売買(サイトM&A)なども盛んに行われており、投資対象としても注目を浴びています。

M&Aで会社の売買を行えば、時間を短縮してさらに“あなた自身の価値”をグングン上げることが出来る!

売れる会社”を作ってM&AでEXITしたあなたは、一般の経営者より、一回りも二回りも上手です。
ベンチャー企業の顧問、社外取締役などのオファーも来るようになります。第三者割当増資などを行いその企業の株主になれば、そのビジネスがあなたのものになります。しかも、優秀な経営者がこれまでにそのビジネスを育て、これからも育てていくので、 あなたの時間が奪われることはほとんどありません。このように、 ビジネスを圧倒的なスピードで拡大できるのがM&Aです。第三者割当増資も、M&Aの手法の一つです。

M&Aの真骨頂!レバレッジド・バイアウトとは?

レバレッジド・バイアウト(LBO)とは、他社を買収する際の買収資金を、自己資金+借入等(買収先の資産や将来キャッシュフローを担保とした)で調達する買収方法です。「レバレッジ」というのは「てこの原理」を意味し、手持ち資金が少なくても大きな買収ができる手段の一つです。

例えば取引価格10億円の企業買収をする場合に、自分の資本を100%投入しない方法を考えます。どうすれば良いかというと、自己資金を3億円用意し、残りの7億円は借入によってまかなうのです。買収後にこの企業の価値を大きくし、20億円で売却できたとすると、3億円の自己資金で13億円を手に入れた計算になります。つまり 資金を4倍以上に増やす事が出来たわけです。もちろん借入金に対する利息は生じますが、ここでは細かい数字は省きます。

一方、自己資金100%で10億円を投入した場合、20億円で売却できたとしても、資金を2倍に増やせたことにしかなりません。この2つのケースを比較した場合、3億円を4倍にした方が、10億円を2倍にするよりもはるかに資金効率が良いのです。

過去には、ソフトバンクによるボーダフォン日本法人の買収などが代表的な例ですね。

このように、M&Aは買収側にまわる際にも大きなメリットをあなたに提供します。
事業成長に必要な時間を買う、新規事業や市場への参入、事業の多角化・隣接業種や異業種への進出というメリットなど、1から事業をコツコツ育てるよりもはるかに速いスピードで事業展開をすることが出来ます。

アメリカでは毎年60万社以上のビジネスが売買されています。

米国では毎年60万社以上のビジネスが売買され、経済の活性化と起業家精神の高承を支えています。日本では2015年、公表されているだけで約2,500件しかありません。未公表を含めても1万件程度でしょう。 スピードの速いアメリカでは、ゼロから新規事業をスタートするケースは殆どなく、M&Aを活用しリスクの低い経営をするが一般的です。最初から「数年後の出口戦略」を考えているのです。事業撤退時、オーナーは事業を売りに出し少しでも多くのキャピタルゲインを得て、新経営者に承継するのが当たり前なのです。M&Aで売却できるほどの魅力ある事業を育てあげた経営者は 「ビジネスの成功者」として認識されています。

日本でM&Aが発展してこなかった原因は主に、以下のようなことが考えられます。

  • 成果主義ではなく、親族に会社を継ぐという文化
  • 「売られる会社は赤字や債務超過の会社だ」という誤解
  • 「M&Aは大企業のものであって中堅中小企業には関係がない」という誤解

日本で世界的なリーダーと言える会社がほとんど現れないのは、このようにM&Aに対しての知識がない事も大きな原因として挙げられます。

M&Aのメリット10選・デメリット5つ

ここまでM&Aのメリットについて触れてきましたが、メリットとデメリットをまとめます。

M&Aのメリット

買い手
  • 事業規模の拡大・シェアの拡大
  • 事業の多角化・隣接業種や異業種への進出
  • 弱い事業部門の強化
  • 新規事業や市場への参入がスムーズ
  • 事業成長に必要な“時間”を買う
売り手
  • あなたの“価値”の最大化!
  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用を守る
  • 創業者利益を得てハッピー・リタイア
  • 数十年の時間を短縮

M&Aのデメリット

買い手
  • 想定通りのシナジーが発揮されない可能性
  • 経営陣ともともとの従業員との間で軋轢
  • 人材の退職、事前に判明していなかった問題
売り手
  • 従業員の雇用や労働条件の変更
  • 異なる企業文化での衝突

これらは全て、綿密な打ち合わせで防ぐことが可能です。M&Aアドバイザーに依頼せずに直接買い手と売り手でM&Aを完結させてしまう場合に、想定できなかったデメリットが発生する可能性が高いです。

会社を売るならM&Aマーケットを
利用した方が良い3つのメリット

たった10秒の入力で、日本全国の買い手に情報を送信!

たった10秒の入力で、日本全国の買い手に情報を送信!

インターネットを活用することで、難しい手続きが必要なしで、チャンスを最大化できます。M&Aアドバイザーなら複数社から買収希望の連絡が届き、買い手を見つかるまでの時間も短縮され、さらに売却金額も最大化することが出来ます。

全国300社以上のM&A仲介・アドバイザー会社と提携

全国300社以上のM&A仲介・アドバイザー会社と提携

M&Aマーケットは日本最大級の会社売買情報サイトです。主要な大手のM&A仲介会社やM&Aアドバイザーは勿論、金融機関、公認会計士など士業との豊富なネットワークがあります。
買い手企業の登録数も最大規模を誇るため、必ず高値で売却する事が可能です。当サイトを利用した94%の経営者様から、「M&Aマーケットを利用して良かった」というご回答を頂いております。

オークション形式で売却金額がグングン上がります。

1社だけに売却の手続きをお願いすれば、言われるがままの金額で会社を売却するしかありません。
複数社に一括で査定を依頼すれば、どの会社が最高値で買い取ってくれるかがわかる為、売却金額に数百万円~数千万円、さらには億単位の金額の差が出てきます。

「知人だから」「顧問の先生が信頼できるから」というお気持ちで知人の方にM&Aの相談をされることも良いと思いますが、複数社からの査定が出来れば以下のようなメリットもあります。
・交渉も強気に行う事が出来る
・金額だけではなく、売却後の経営についても相談できる会社が増える

決定 決定

売却希望案件を登録した後の
カンタン4STEP!

step1

買取希望会社からメッセージ受信

10秒診断を行った後は、あなたの会社が特定できない状態で、売上・利益などが公開され、事業内容なども登録することができます。
その後、買い手候補の企業からメッセージが届きますので、任意でメールのやり取りを行うことができます。

step2

初回査定額を確認

必要最低限の情報で買収希望金額など、実際の数字のやり取りを行うことができます。
この時点である程度フィルタリングを行い、買い手を選ぶことができます。

step3

ご希望の買取会社様と面談・交渉

実際にM&Aアドバイザーや買い手候補企業と面談や交渉を行います。
社長同士の相性や、考え方などを確認して、M&Aを進めるかどうかを検討します。

step4

秘密保持契約締結

買い手候補への実際の売却の可能性が高まった場合、売却を前提に契約を進め、最終的な金額、条件などを調整して固めていきます。
まだ売却は確定していないため、最終決定まで有利にM&Aを進めることができます。

よくある質問

ご不安な点をなくすために
よくある質問をまとめました。

まだ売る気はないんだけど、M&Aのタイミングはいつが良い?
M&Aに関する相談は早ければ早いほうが良いです。なぜなら、会社や従業員の状況、仕組みなどを確認して、どういう時期が最適かのアドバイスができるからです。
早めに行動しておけば、例えば2年後に売却をするために決算をどう迎える、戦略や仕組みを固めておき、より有利な条件で売れるように準備をすることなどもできます。
逆に、M&Aの失敗は『手遅れになること』です。時期や条件をより良いものにするために、早めのご利用・ご相談をオススメします。
どのような業種がM&Aの対象になる?
M&Aは基本的にすべての業種が対象です。
業種や地域、事業内容、規模などほとんど全ての会社が対象となります。

あなたの会社の株式価値を最大化するために

以下のフォームからカンタン10秒チェックをおこなってください。
簡易的な診断結果が表示され、その後複数の企業から買収の提案を受け取ることができます。

カンタン企業評価チェック

※あなたが代理人やM&Aアドバイザーの場合、上記にはあなた自身の情報を入力してください。

通常の会員登録をご希望の方はこちら

メールアドレスを入力してください。
正しいメールアドレスを入力してください。
パスワードを入力してください。
M&Aマーケットで会社を売却するメリット

ロゴマークM&Aマーケットで会社を売却するメリット

メリット1
圧倒的なスピードで個人資産の増加
メリット2
売却益で新たなビジネスのスタートや拡大が可能
メリット3
早期リタイアで投資家としての活動も
メリット4
たった10秒で日本全国の買い手に情報を送信!
メリット5
オークション形式で売却金額がグングン上がる

会社を売却して得た利益で、より大きなビジネスをスタートする経営者が増加中

10秒診断後、あなたの会社が特定できない状態で、興味を持たれた複数の企業から買収の提案を受け取ることができます。

※試しに買収の提案を受けてみてから考えてみても全く問題ありません。(返信は任意。情報の変更は後からでも可能。)

理想の売り手企業・買い手企業を見つけてみませんか?
会員登録をすると、メッセージの送受信やM&Aの交渉等をおこなうことができます!


SNSアカウントでも登録できます!

ページ最上部へ

メニューを閉じる

×