株式会社ウィット

会社紹介

私たち株式会社ウィットは、飲食業界を中心に経営をサポートしている企業です。
M&A仲介事業に関しては飲食業界専門のサービスであり、さまざまな規模の案件にご対応しております。また、弊社では人材紹介事業にも取り組んでおり、飲食店の店長や料理人を正社員として紹介することも可能です。
飲食事業のM&Aは、ほかの業種とは異なる業種特性や難しさがあります。そのため、飲食業界の特性を理解したサポートが必要となりますが、弊社は飲食業界専門にサービスをご提供しておりますので、飲食店様・企業様に最大限寄り添ったサポートをいたします。
お悩みを抱えている経営者様がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

基本情報

会社名 株式会社ウィット
代表者
(もしくは担当者名)
三宅 宏通
電話番号 03-6661-9927
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-4岩崎ビル2F・4F・5F
事業内容 ■飲食業界に特化したM&A仲介事業
■飲食業界に特化した人材紹介事業
URL https://food-ma.jp/
地図
ロード中

■株式会社ウィット代表 三宅 宏通様にインタビューをさせて頂きました。

-初めに代表者様の自己紹介をお願いします。

ba8b1f84f1f6fc9c30b73f28f8fe7e34.png

株式会社ウィットの代表取締役を務めさせていただいている、三宅宏通と申します。

私は新卒で金融機関に就職しましたが、飲食店の現場職に強い憧れがあったことから、後に飲食店のコンサルティング会社に転職しました。初めは飲食店の現場で働くことを1つのキャリアの目標にしていたのですが、仕事を通して飲食業界には「店舗以外で関わる仕事がたくさんある」ことを勉強させていただきました。
その後は裏方支援として、「飲食業界を取り巻くビジネスをつくっていきたい」という思いが強くなったことから、現在の会社を設立しました。

-現在の会社を設立するに至った経緯を教えてください。

金融機関からの転職を検討している時から、「起業をしたい」という思いが強くありました。そして転職先のコンサルティング会社に、独立という目標も組み込んで採用していただけるという話がありまして、転職を決意しました。

もともとは、その会社のグループ企業として会社を設立する予定だったのですが、独立準備中に会社の業績が変動したなどの理由から、独自にスタートすることを決めて現在に至ります。

-ありがとうございました。それでは、次に会社の紹介をお願いします。

601f63c38742ef6125d3bfc239e82a9b.png

 弊社は、飲食業界に特化したサービスを展開しています。創業当初から取り組んでいる事業が、飲食業界に特化したM&Aの仲介事業と人材紹介事業の2つです。

M&Aの仲介事業に関しては、飲食業界専門で小規模~大規模案件まで幅広く取り扱っています。人材紹介事業については派遣ではなく、正社員として料理人さんや店長さんなどをご紹介する事業を展開しております。

-御社のサービスの特徴、強みはどのような点にあるでしょうか?

弊社の最大の特徴は、業種を飲食業界に絞っている点です。

弊社では飲食業界・飲食店に精通したアドバイザーを用意しており、飲食関連の企業様に寄り添ったサービスを展開しています。例えば、飲食店ならではの現場の細かいことや業種特性を踏まえて、スムーズな引き継ぎ・従業員対応などができるよう、適切にサポートすることを心がけています。

また、料金体系が完全成功報酬型となっている点も、弊社の強みと言えます。業種規模に応じた手数料体系の構築を実現しており、着手金や中間マージンなどは必要ございません。

他社に一切ご相談ができなくなる専任契約も不要なので、お気軽にご相談いただけます。

-飲食業界ならではの業種特性とは、具体的にどのようなものでしょうか?

9e55c280882f812f1b833d647afe8bab.png

飲食店は基本的に店舗ビジネスですので、家主さんと従業員さんに影響されることが多々あります。これはM&Aで会社ごと売却をする場合でも、事業単位で売却をする場合でも同様であり、売り手様と買い手様だけでは合意に至らないケースが珍しくありません。

例えば、利益が出ていても従業員さんが退職してしまうと、お店としての経営は成り立たなくなります。また、いくら買い手様が高く購入しても、家主さんが承諾しなければその契約は成立しません。

その点、弊社は飲食業界に特化しているので、このような業種特性に応じたサービスを提供しています。「どうすれば従業員さんが残って買い手様についてきてくれるか」や、「家主さんが気持ちよく合意してくれるか 」といったノウハウを、実績とともに積み重ねています。

-飲食業界でM&Aをするメリットというのは、どの部分にあるとお考えでしょうか?

M&Aを利用する場合、営業中のお店に関する損益や組織の内容など、あらゆる角度からの情報を得た上で分析ができます。それに加えて、自分たちの強みを踏まえた出店計画を立てやすい点が、飲食業界でM&Aをするメリットだと考えています。

逆に1から飲食店を始める場合、物件探しから始める必要があります。物件探しの段階では、「過去にその場所にどのようなお店があったのか?」「どうして撤退したのか?」などの情報を得ることが難しくなるでしょう。

-印象に残っているM&Aの事例があれば、差し支えがない範囲で教えてください。

265dfed8f2fa1836a0cb094349776883.png

 売り手様は東京にある規模の大きいファンド企業、買い手様は静岡の飲食店を一族で経営している企業の2社様で、成約をした案件が印象に残っています。

買い手様は息子さんが社長と専務を務められており、お父様が会長を務められているという形のアットホームな企業様だったのですが、かなり熱心に連絡をいただきました。レスポンスの早さや、買い手の立場として売り手に対する接し方の丁寧さ・誠実さが、今まで携わってきた買い手候補者様の中でも特に丁寧だったので、感銘を受けた記憶があります。
この案件に関しては、買い手候補者様の中にさらに高い価格でのご購入を検討されている大手の企業様もいらっしゃいました。しかしながら、売り手様は一貫して「静岡にいらっしゃる買い手様に譲渡したい」とご希望されていたので、先述の飲食店と成約しました。

M&Aでは、売り手様は「少しでも高く売りたい」、買い手様は「少しでも安く買いたい」と思うことが一般的です。しかし、この案件では「金額よりも信頼できる相手かどうかが大切だ」という点を、アドバイザーの立場として実感できました。

-M&Aをご検討されている方へアドバイスやメッセージをお願いします。

cbf75a1803301bf4b31d265e6418bc89.png

売り手様は経営者である以上、どこかのタイミングで「売却や後継者に引き継ぐ」ということ点を考えられると思います。

そのような場合に、今の時点で売却を決断するかどうかは別としても、早い段階でアドバイザーにご相談いただき、知識を得ておくという点は重要なことだと感じます。無料でご相談できるアドバイザーもたくさんいますので、ご自身がやられている職種や事業に精通しているアドバイザーを見つけておくと、悩みが解消される可能性も高まるでしょう。

また、国内では以前とは違い、M&Aのすそ野が広がってきています。売却案件については必ずしも大規模なものだけではなく、個人で取り組めるような金額の案件も出てきています

買い手様にとっては、そういった情報を得ておくことでマーケットの動きを知ることにつながるでしょう。そのため、信頼できるM&Aアドバイザー、もしくはM&Aの会社を探しておくことをおすすめします。


理想の売り手企業・買い手企業を見つけてみませんか?
会員登録をすると、メッセージの送受信やM&Aの交渉等をおこなうことができます!


SNSアカウントでも登録できます!

ページ最上部へ

メニューを閉じる

×